絵巻で読む中世 - 五味文彦

絵巻で読む中世 五味文彦

Add: nasysure93 - Date: 2020-12-06 19:06:28 - Views: 9702 - Clicks: 1543

『鎌倉と京:武家政権と庶民世界』(講談社学術文庫、年) 4. See full list on mizu. サントリー文化財団は日本と世界の学術・文化の発展に寄与することを目的として、様々な事業を行っています。サントリー学芸賞、五味 文彦『中世のことばと絵 ―― 絵巻は訴える』を中心としての選評です。. 絵巻で読む中世 五味 文彦 著 院政期の人と社会の生き生きとした姿をとどめる『鳥獣人物戯画』『伴大納言絵巻』『信貴山縁起絵巻』などへの 旅>を通して、中世の時代像を重層的に描き出す。. 『中世のことばと絵:絵巻は訴える』(中公新書、1990年) 6.

8 形態: 260p ; 15cm 著者名: 五味文彦著 シリーズ名: ちくま学芸文庫 ; コ-22-1 ; 書誌ID: BAISBN:. 『絵巻で読む中世』五味文彦(ちくま学芸文庫)年256頁定価:950円(税別)目次(収録作品)1 絵巻を探る-『鳥獣人物. 中世とは、地方武士と都市庶民の時代だった。武士擡頭の契機となった保元の乱に筆を起こし、源頼朝とその前後の政治史をふまえて読み解く、一貫した歴史の視座。生活の場(都市・農村・家)と、その場での営為(芸能・文学・宗教・政治)から明かされる、自我がめざめた「個」の時代の. 『中世都市鎌倉と死の世界』(高志書院、年)斎木秀雄と共編 11. 『絵巻に中世を読む』(吉川弘文館、1995年) 6. 『日本史史話』(1・2巻、山川出版社、1993年) 2. 絵巻で読む中世の本の通販、五味文彦の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで絵巻で読む中世を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは教養新書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 『殺生と信仰:武士を探る』(角川書店[角川選書]、1997年) 13.

『芸能の中世』(吉川弘文館、年) 10. 『中世都市鎌倉の実像と境界』(高志書院、年)馬淵和雄と共編 12. 春日験記絵と中世 絵巻を読む 歩く ¥ 1,780 五味文彦 、淡交社 絵巻で読む中世 - 五味文彦 、1998 、1. 『詳説 日本史研究』(山川出版社、1998年) 9. 『絵巻で読む中世』(ちくま新書 1994年/ちくま学芸文庫、年) 11. 絵巻で読む中世 - 五味文彦 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 『城と館を掘る・読む―古代から中世へ』(山川出版社、1994年) 4. ──今日は中世の絵巻についてお話をお伺いしたいと思いますが、今、日本の中世史の研究では絵巻だけに限らず絵画資料がよく使われているそうですね。 五味ええ。文章の方は難しくてなかなか理解できなくても、絵などの場合はビジュアルに表現されていますから、当時の風俗や文化などが素人でも分かりやすいんですね。 ですが、この「視覚」からモノを見るというやり方は、現代のわれわれの感覚で理解してしまいがちになるので、ある意味、危険でもあるんですよ。 ──時代を飛び越えた解釈になってしまうということですか。 五味そういうことです。例えば中世に描かれた絵巻物にしても、われわれ現代人の見方と、その同時代に生きた人達の見方とでは全く違うかもしれないということがあります。絵は直観で見てしまいがちになり、見た人の思い込みが入ってしまうので、間違った解釈をしてしまう恐れがあります。 その点絵巻物の場合は、文章がついているので、どんな内容なのかを解釈できます。 ──なるほど。複眼的に見ることもできる訳ですから、中世の様子を知る上でも大事な史料ですよね。 ところで、先生が研究されている「絵巻」なんですが、小・中学校の教科書とかにも絵の一部が掲載されたりしていますが、「何年に何という人が描いたもの」というくらいしか書かれていない。ですから内容まで教わることがほとんどないんじゃないかと思うんです。例えば、『鳥獣人物戯画』は有名ですが、どんな内容で、またどんな目的で描かれたのかまでは知らない人が多いと思うんですよ。 そもそも「絵巻」は一体どういうもので、何のために描かれたんでしょう。 五味絵巻は絵画を言葉と絵という形で交互にセッティングすることで、何らかのストーリーを描いているのです。 ただ、今の漫画とかとちょっと違うのは、絵と文章が連続して巻物になっている。この「巻いている」ということが「時間の流れ」という効果的に表しているわけです。開いたり巻いたりすることで、ストーリーに連続性が出てくる。映画と同じですね。 また絵巻の中には「異時同図」といって、異なった時間の描写が一つの絵巻に描かれているものもあるんですよ。 ──日本以外、例えば中国にも絵巻はあるのでしょうか。 五味多少そういう性格のものはありますが、日本独自で発展してきたものです。 ──日本の絵巻の起源はいつ頃何でしょう。 五味源氏物語の中にも『.

時代が下って『洛中洛外図屏風』になると、金箔などで雲を金色に塗る「金雲(きんうん)」が登場しますが、これは技法や意味というよりも華やかさの演出です。雲は、時代や身分を問わず使いつづけられてきたのですね。 個人的な話ですが、4年前に病で2ヵ月ほど絶対安静を命じられたことがあります。体がなまってしまったので朝夕歩くことにした。すると、それまでなんとも思わなかった自然の息吹を感じるようになったのです。 朝起きると日の光に照らされて雲が動いている。夕方になると雲に朱色の光が差し込む―。そうした雲のある美しい光景は、私に「生きる」という日々を実感させ、また考えさせるものでした。風も草木も心地よいものですが、時間の流れをいちばん強く感じさせてくれる自然は、やはり雲だと思います。 (年4月25日取材) PDF版ダウンロード. 絵巻で読む中世 Format: Book Responsibility: 五味文彦著 Language: Japanese Published: 東京 : 筑摩書房, 1994. 『1 中世の系譜―東と西、北と南の世界』(高志書院、年) 12. 絵巻で読む中世 フォーマット: 図書 責任表示: 五味文彦著 出版情報: 東京 : 筑摩書房,. その絵巻において、雲はいろいろな使われ方をしています。 まずは「時の流れ」です。雲が流れる=時間が経つことなので場面転換で用いられます。『春日権現験記』の仏様(お地蔵様)が地獄を案内する有名なシーンもそうです(図1)。 また、「天や神仏とのかかわり」にも雲は関係します。例えば阿弥陀様などの仏様が雲に乗ってやってくる、もしくは一緒に浄土へ連れて行ってくれる「聖衆来迎(しょうじゅらいごう)」の重要なモチーフとして用いられます。『信貴山縁起絵巻』には病を患った天皇を祈祷で治すために童子が雲に乗って現れます(図2)。また、『春日権現験記』の讃岐守俊盛が往生する夢のシーンでは、仏様と雲に乗って天に行きます(図3)。 さらに、雲に乗らないのであれば、「紫雲(しうん)」がたなびきます(図4)。紫色の雲を描くことで、めでたいことの前兆として起こる「奇瑞(きずい)」を表すのです。逆に、不吉なことのときは黒い雲に鬼や龍が乗ってくる。これで事件が起きる不穏な空気が醸し出されます。私たちも朝起きて空に黒い雲があると、ちょっと不吉な感じがしますよね。 雲にはもう一つ重要な役割があります。周囲を雲で覆い隠すことによって、ある部分を目立たせる「クローズアップ」の手法です。親密な関係を匂わせる、あるいは重要な協議をしていることを示唆するものです。先ほどの『春日権現験記』の地獄のシーン(図1)にも見られます。. 『土地と在地の世界をさぐる―古代から中世へ』(山川出版社、1996年) 8. 五味 文彦『絵巻で読む中世』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 絵巻とは、詞書(ことばがき)と呼ばれる文章と絵とを交互に配列したもので、その始まりは奈良時代とされています。仏伝経典の一つ『過去現在因果経(いんがきょう)』の写本『絵因果経』が嚆矢(こうし)で、仏教の教えを伝えることを目的に生まれました。 私の研究の中心は中世の院政期(注)ですので、『源氏物語絵巻』『伴大納言(ばんだいなごん)絵巻』『信貴山(しぎさん)縁起絵巻』『鳥獣戯画(ちょうじゅうぎが)』などこの時代の有名な絵巻も読み解きました。これらは読み手によって見方が異なります。例えば、当時の貴族は『源氏物語』を全文暗記していたので、絵巻では「どうしてこの風景なのか?」と読み解く楽しさを与えるものでしたし、『鳥獣戯画』は僧が稚児を大切にする風潮から、彼らが飽きないように、と擬人化した生きものが描かれています。 鎌倉時代になると、『石山寺(いしやまでら)縁起絵巻』や『春日権現験記(かすがごんげんげんき)』が登場します。これは各々のお寺が「わが寺に願い事をするとこんなご利益がありますよ」と伝えるもので、貴族は願い事を絵巻に託しました。また、時宗の開祖・一遍を描いた『一遍聖絵(いっぺんひじりえ)』は自分たちの信仰を世に広めるために生まれました。このように、鎌倉時代後期には、楽しみ、願い事、信仰といったさまざまな意味合いで絵巻は使われるようになるのです。 (注)院政期 白河上皇が院庁(いんのちょう)で政務をみるようになった1086年(応徳3)から平氏一門が滅亡した1185年(寿永4)までを指すことが多いが、後三条天皇から始まるという見方もある。.

『院政期社会の研究』(山川出版社、1984年) 2. 『吾妻鏡の方法:事実と神話にみる中世』(吉川弘文館、1990年、増補版年、新訂版年) 5. 『藤原定家の時代:中世文化の空間』(岩波新書、1991年) 7. 絵巻で読む中世 五味文彦著 (ちくま新書, 010) 筑摩書房, 1994.

──改めて先生にお伺いしたいのですが、先生にとって絵巻物のおもしろさというのはどんな点ですか。 五味そうですね。やはり絵師の意図を探っていくというところでしょうか。 今日、この対談の前に授業で「春日権現権記絵(かすがごんげんげんきえ)」(鎌倉末期に成立)という奈良の春日大社に奉納された絵巻についてしゃべってきたんです。これは非常に精巧で、一つひとつがきっちりと描かれているものなんですよ。当代のトップクラスの人間に頼まれて奉納したものですから、妙な描き方なんかできなかったのでしょう。神社は60年に1度ぐらいの周期で全く新しいものにつくり替えられますが、きっちり描かれたおかげで、春日大社は今も鎌倉末期そのままの姿なんです。 ──素晴らしい役目を担っているんですね。 五味そうなんです。でもそうやってきっちり描くものであれば、屋根なども上から下までちゃんと描くのが普通でしょう。でも中には雲を途中に入れているのもある。 あまり深く考えなければ、ああ、もう描きたくなかったんだなと思うかもしれませんが、なぜその場面にだけ雲を入れているのか。それを突き詰めていくと、屋根だけを見てもらいたかった、ということが考えられます。 ──なるほど、視点が散漫にならないようにさせるわけですね。 五味そう描けばどうしても屋根を見てしまうでしょう。春日大社の屋根は春日造りという技法なんですが、ほかの神社とは違うということを強調させるためじゃないか、という解釈ができます。 ほかにもまだ違う意味が込められているんじゃないか、そういうふうにさまざまな可能性を考えていくんです。そうしていくと、ある日、また違った絵巻を見ている時に「あっ、これはそうだったのか」という裏付けが取れることもある。 ──はまっていったら大変ですね。 五味ホントに大変です(笑)。でもやっていくと楽しいですよ。趣味がそのまま研究になっていいね、と周りから言われますけど。. 『中世の空間を読む』(山川出版社、1995年) 5. ──ところで私たちに一番なじみ深い『鳥獣人物戯画』ですが、出てくる動物たちのしぐさなんかを見てますととても楽しいのですが、貴族など大人が見るにしてはちょっとかわいらしすぎるという気もするんですが.

『大仏再建:中世民衆の熱狂』(講談社選書メチエ、1995年) 12. 696円(税込) 芸能の中世 / 五味 文彦 / 吉川弘文館 【送料無料. 『春日験記絵』と中世 絵巻を読む歩く / 五味 文彦 / 淡交社 【送料無料】【中古】 その他. 『日本中世史』(日本放送出版協会、1992年、改訂版1998年) 『絵巻で読む中世』(ちくま新書 1994年/ちくま学芸文庫、年) 『大仏再建:中世民衆の熱狂』(講談社選書メチエ、1995年) 『殺生と信仰:武士を探る』(角川書店角川選書、1997年). ──絵巻からは本当にいろんなものが見えてくるんですね。 五味例えば、誰かがある女性のもとへ忍んで行ったというくだりがあっても、どこからどんなふうにどんな様子で忍んで行ったのか、言葉だけではどうも情景が見えてこない。われわれ研究者は基本的に古文書や記録の分析が中心ですが、言葉だけでは分かりづらい部分が歴史にはずいぶんあります。そういった難解な部分を読み解くには、やはり絵巻をきっちり読むことが大切になります。 ──先生はその読み方の一つとして、自分が絵巻をつくるとしたらどういうふうに描くか、といったことを著書の中で書かれていますが、確かにそういうふうに考えてみるのもおもしろいですよね。 また絵巻の中の登場人物の一人と自分を置き換えてみるのもいいですね。 五味自分なりの見方で絵巻を見ていけばいいんです。もしかしたらわれわれ専門家よりも素人の方が、気付くことが多いかもしれませんね。特に子供は大人が気付かないようなことでも「これは何?どうしてここにあるの?」とストレートに疑問をぶつけてきます。そういう単純な疑問を持つということを、われわれは大人になる間に忘れてしまうんですね。でも、些細なことでも疑問を持つことが、絵巻を読み解く糸口になっていく訳です。 また「先生が恣意的に勝手に解釈しているんじゃないか」とよく言われるんです。例えば、ある絵には、建物の屋根にちょこっと耳が描かれている。それでその建物は馬小屋だということを表している。でも当時の人もそれで本当に分かっていたのか、と問われると、確かに全部分かったのかどうかはこれもまた分からない。現在の絵にもそういうものがありますよね。 ただ絵師は分かってもらおうと、絵の中でなんらかのシグナルを発している訳です。またそれぞれの絵巻にはつくられた背景があり、意味がある。われわれの役目として、それを探っていかなければいけないんじゃないかと思いますね。 ──おっしゃる通りで、つくられたものには一つ一つ意味があるものですよね。今日先生のお話を聞いて改めて歴史の面白さがわかったような気がします。今絵巻の画集が割と安く出ていますから、これを機会にじっくり見てみたいと思います。ありがとうございました。. 『日本史重要人物101』(新書館、1996年) 7. 『平家物語、史と説話』(平凡社選書、1987年/平凡社ライブラリー、年) 3. 五味 文彦(ごみ ふみひこ、1946年(昭和21年)1月30日 - )は、日本の歴史学者、東京大学・放送大学 名誉教授。 山梨県 甲府市出身。.

10 Description: 219p ; 18cm. 『都市の中世』(吉川弘文館、1992年) 9. Amazonで五味 文彦の絵巻で読む中世 (ちくま学芸文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。五味 文彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 『中世のことばと絵―絵巻は訴える (中公新書)』や『院政期社会の研究』や『絵巻で読む中世 (ちくま学芸文庫)』など五味文彦の全118作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。.

この度はご覧頂きありがとうございます。 以下、商品の詳細となっております。 必ず最後まで一読した上でご入札をお願いします。 商品名 『 絵巻で読む中世 』 商品説明 ・一度通読しただけの中古本です。・裏表紙上部にやや目立つ破れがあります。・中古本ですので、一部に小キズ、スレ. 『2 モノとココロの資料学 中世史料論の新段階』(高志書院、年) 12. 。 五味あれは、おそらく、お寺での童(わらわ)の教育のために使われたのだと思われます。 当時の寺院は重要な教育の機関であり、貴族の子供たちはお寺で寄宿生活を送りながら基礎教育のようなものを受けていたんです。 あの中に兎や蛙が相撲をしたり、囲碁をしたりする絵がありますが、それは祭の前後に行われるいろいろな遊びを描いたものと考えられますし、動物たちが互いに争ったり、蛙が殺されたりする場面もありますが、あれは御霊会(ごりょうえ、※1)に関する一連のストーリーになっているという見方もできるんですよ。そういった教材として使われた可能性が高いと思います。 もう一つは親元から離れた寂しさを慰めるためもあったのだと思います。 ──なるほど。かわいい生徒達のためにつくられた訳ですね。 五味ええ、とてもかわいがられたんですね。当時のお坊さん達にとって、かわいい少年達は、退屈なお寺の生活の中での「花」だったんです。 例えば童舞(※2)があるとお坊さんたちがひしめき合ってすごい騒ぎだったようです。童の取り合いで、興福寺や比叡山の僧たちの間で合戦が行われたりもしたくらいなんです。 (※1)疫神や死者の怨霊を鎮めなだめるための祭 (↑戻る) (※2)宮廷や神社仏閣での祭事の際、子供のする舞 (↑戻る).

五味 文彦 著 絵巻には独自の表現法がある。 「鳥獣人物戯画」「伴大納言絵巻」等の代表的な絵巻の読み解きを通して中世の時代像を鮮やかに描き出す。. 絵巻で読む中世 五味文彦著 (ちくま学芸文庫, コ-22-1) 筑摩書房,. 兎、蛙、猿などの動物が人間くさい姿で活躍する『鳥獣人物戯画』、火事と群衆、庶民の姿を活写した『伴大納言絵巻』、徳の高い聖の奇跡を躍動的に描く『信貴山縁起絵巻』など院政期の代表的な絵巻を読み解き、王権、信仰、訴訟、罪と罰、女性の生き方など、中世の時代像を生き生きと. 『武士と文士の中世史』(東京大学出版会、1992年) 8. 『3 中世の対外交流 場・ひと・技術』(高志書院、.

絵巻で読む中世 (ちくま学芸文庫)/五味 文彦(文庫:ちくま学芸文庫)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。. 8 形態: 260p : 挿図 ; 15cm isbn:シリーズ名: ちくま学芸文庫 ; コ-22-1 著者名: 五味, 文彦(1946-) 書誌id: ba注記:. 絵巻で読む中世 (ちくま新書) / 五味 文彦 / 筑摩書房 【送料無料】【中古】 その他. 268円(税込) 日本の中世を歩く 遺跡を訪ね、史料を読む (岩波新書) / 五味 文彦 / 岩波書店 【送料無料】【中古】 その他. 『都市と商人・芸能民―中世から近世へ』(山川出版社、1993年) 3. Amazonで五味 文彦の絵巻で読む中世 (ちくま新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。五味 文彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

81994年10月、ちくま新書の1冊として刊行されたものの文庫版。はじめに概論的に『鳥獣人物戯画』と『年中行事絵巻』の2作品を論じ、『伴大納言絵巻』と『信貴山縁起絵巻』は各巻1章をあてて、じっくり読み込む。最後に今昔. 1610円(税込) 日本史のなかの横浜 (有隣新書) / 五味 文彦 / 有隣堂 【送料無料】【中古】 新書. 絵巻に中世を読むの本の通販、藤原良章、五味文彦の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで絵巻に中世を読むを購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは人文書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. See full list on athome-academy. 作された「絵巻」に着目した。絵 画を含む史料の分析を通して中 世社会・文化を再現する研究を 続け、『絵巻で読む中世』などを 著した歴史学者の五味文彦さん に、絵巻における雲の用いられ方 についてお聞きした。.

絵巻で読む中世 五味文彦 ちくま学芸文庫商品説明定価950円+税年1刷カバー傷・ヨレ・くすみがあります。外装使用感あり。その他状態は並程度です。発送はクリックポストレターパックライトを予定しています。宜しくお願いいたします。こちらの商品案内は 「 20 」 で作成さ. シリーズ 『考古学と中世史研究』小野正敏・萩原三雄と共編 12. Pontaポイント使えます! | 絵巻で読む中世 | 五味文彦 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 1946年生まれ。東京大学文学部教授を経て、現在は東大名誉教授。放送大学名誉教授。『中世のことばと絵』でサントリー学芸賞を、『書物の中世史』で角川源義賞を、共編著『現代語訳吾妻鏡』(吉川弘文館)で毎日出版文化賞を受賞し、近年の著書に『文学で読む日本の歴史』(山川出版社.

五味, 文彦(1946-) シリーズ名: ちくま新書 ; 010 書誌id: bn11558259. 『大系日本の歴史〈5〉:鎌倉と京』(小学館、1988年/小学館ライブラリー、1992年) 3. 『日本中世史』(日本放送出版協会、1992年、改訂版1998年) 10. See full list on wpedia. 絵巻で読む中世 フォーマット: 図書 責任表示: 五味文彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 筑摩書房,.

絵巻で読む中世 - 五味文彦

email: yhapora@gmail.com - phone:(265) 423-6348 x 6369

岩崎小彌太関係史料 書翰と追想 - 尚友倶楽部 - 鈴木光司

-> 詩集・清潔な獣 - 長田典子
-> 癒しとしての死の哲学 - 小浜逸郎

絵巻で読む中世 - 五味文彦 - それでもTOEIC 宮下裕介 海外経験ゼロ


Sitemap 1

図解でよくわかる スマート農業のきほん 最新農業の基礎からドローン技術習得、作業記録と生産管理、新規参入まで - 野口伸 - ゴルフの英語